本文へ移動

今子どもたちは(ブログ)

今子どもたちは(ブログ)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

報恩講~ありがとう~

2021-01-21

1月13日(水)に桜保育所にて報恩講を行いました。

報恩講とは、親鸞様がお亡くなりになられた日で、命を頂いている事、

沢山の人に支えられて生きている事を教えて下さった親鸞様に感謝をする大切な日。

様々な行事の中でも桜保育所で大切にしている行事の1つです。

 今年度は牛から頂いている様々なものを題材に子ども達に話をしました。

牛から頂いている身の回りにある食べ物は、お肉・牛乳・チーズ・ヨーグルト・生クリーム…。

また、牛の皮からは、太鼓・ランドセル・グローブ…。

牛や他の生き物たちの命を頂いて、毎日食事をしているという事。

また、生活の中のものにも命がある事を伝えました。

さらには、みんなが食べられる様に、使える様にお仕事をしている人がいる事も伝えました。

だからこそ、命を頂いている食べ物を残さず食べて、

使っている物を大切に扱って楽しんで大きくなって欲しいなと思います。

桜保育所のお友達には、いろんな“もの”いろんな“人”に感謝の気持ち・ありがとうの気持ちを持ってすくすく大きくなってくれればと思います。

この日のお話やクラスでの活動を心の根っこに、これから成長していく中でいつか思い出し、

実感してくれる事を願っています。

また、これから更に様々な事を体験し気づきを得て成長して欲しいなと思います。


文責:倉吉

12月誕生会 おめでとう!大きくな~れ♬

2020-12-28

12月22日、12月生まれの子どもたちのお誕生会を行いました。

 

お参りの後、12月生まれの子どもたちが少し緊張した面持ちで

みんなの前に出て、お名前といくつになったのかを発表しました。

それを見ているみんなもなんだかニコニコ♪

お祝いの歌も明るく元気よく歌ってくれました。

 

先生たちからのプレゼントは2つ。

1つ目は 絵本「歯がぬけた」のプロジェクター。

クスクスと笑える場面があったり、歯にまつわる迷信の紹介があったり

子どもたちは興味関心を持って観ていたようでした。

歯が抜けることは怖いことではなく、成長の証なんだと

伝わったと思います。

 

2つ目は「ぞうさんとねずみさん」のパネルシアター。

ぞうさんの物は何でも大きくて、ねずみさんの物は何でも小さく

一見、違いばかりが目立つんですが

2人はとても仲良し、というお話でした。

お話の後、「大きい と 小さい」に関連して

対義語を考えるクイズを出すと

みんな一生懸命に考えていました。

最後に「長い と 短い」を対比するために

とても とても長い太めの毛糸を登場させると

「わぁぁぁぁぁ!!」と歓声が上がりました。

 

お忙しい中、ご出席いただいた保護者のみなさま

ありがとうございました。

 

12月生まれのみなさん、本当に おめでとう♪

これからも すくすくと大きくなってね!

 

(文責:藏原)

☆餅つき会☆

2020-12-19

☆餅つき会☆

2020-12-19

12月12日(土)に餅つき会を行いました。今年は、新型コロナウイルスの影響でさくら組さんのみでの実施となりましたが当日はたくさんの保護者様のご参加をいただきました。お父さん達に餅米を潰し、ついてもらった後、子ども達も一生懸命餅をつきました。餅つきから餅丸めまでご協力いただき、子ども達も楽しく参加が出来たようです。子ども達にとっても今年最後の園行事となりましたが、よい思い出となったようです。つきたてのお餅は本当においしかったです。

お忙しい中、餅つき会にご参加いただき、本当にありがとうございました。

文責:馬場

11月生まれのお友達、おめでとう!!

2020-12-12

11月27日、コロナウィルス対策を万全に

9人のお誕生児のお祝いをしました。

 

まずは、お誕生児が自分の名前と歳を

みんなの前で元気よく言いました。

 

先生たちからのプレゼントは

プロジェクター(絵本)「いつまでも」

色彩あそび「秋色、見~つけた」の2つでした。

 

プロジェクター(絵本)「いつまでも」は

お母さんの未来永劫の愛情を

「いつまでも」という

簡単なんだけど、形の捉えようがない言葉を用いて

暖かく表現された作品でした。

見ているみんなが、ほっこりしたのではないかと思います。

 

静かにプロジェクターを観た後

今度は にぎやかに色彩を使った遊びをしました。

秋の風物詩が答えになるクイズを出題し

みんな各々、答えを口にします。

答えである 柿や紅葉、さつま芋、栗の実物を紹介した後

先生が振っても、色の変わらない

水のように透明な液体が入ったペットボトルを

「11月生まれのお友達には不思議な力があるみたい!」と

誕生児に振ってもらうと、あら不思議!

オレンジ、赤、紫、茶色…秋色に変わりました!

簡単なマジックでしたが

日頃から季節の制作をしている子どもたちに

「芸術の秋」を違った形で味わってもらえたようです。

 

お忙しい中、ご出席いただいた保護者様

ありがとうございました。

11月生まれのお友達、おめでとう!!

これからの益々のご成長を心よりお祈りいたします。

                   (文責:藏原)

TOPへ戻る