本文へ移動

今子どもたちは(ブログ)

今子どもたちは(ブログ)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

楽しみにしていた観劇会

2021-02-13

2月5日(金)に観劇会を行いました。

今年度も『からこま座』さんをお呼びして、

『ころりころげた木のねっこ』『ブレーメンの音楽隊』の

人形劇を披露して頂きました。

この日が来るのをワクワクで待っていた子どもたち。

みんな大笑いをして、劇を楽しんでいましたよ!

すっかりお話の世界に入り込み、とても集中して観ていました。

終わった後も「面白かったね」「楽しかった」と

会話を繰り広げていましたよ。

楽しい劇をありがとうございました!

                       文責 小牧

豆まき頑張ったよ!!!

2021-02-09

2月2日(火)に節分豆まきを行いました。

全体の会では節分の由来に触れ、子どもたちが制作をした「鬼のお面」や「豆入れ」を発表してくれましたよ。各クラス、工夫をして一生懸命に作ってくれていましたよ。職員からの出し物は「ぼくもうなかないぞ」というお話でした。子どもたちは集中して観てくれていましたが、この後に待つ鬼との対決に少し緊張をした面持ちでした。

 

そしていよいよ、豆まき!鬼との対決!

ちゅうりっぷ組から順番に鬼が保育室へ!!最初は怖くて先生の後ろに隠れ団子状態になったり、泣いて壁にくっついていたり、鬼に追われ逃げて回る姿も見られましたが、最後はしっかり「鬼は外―!!!」「福は内―!!!」と頑張って鬼を追い払ってくれました。

今年一年もみんなが健康で元気に過ごせますように。

桜保育所のお友達、よく頑張りました!!

 

文責:山﨑

☆1月生まれのお友だちお誕生日おめでとう☆

2021-02-05

1月26日(火)に1月生まれのお友だちの誕生会を行いました。

たくさんのお友だちや、お家の人の前でお名前や、何歳になったかを少し照れながらも嬉しそうな笑顔で発表してくれた1月生まれの子どもたちでした♡

 先生たちからのプレゼントは『いつかあなたがおおきくなったら』という絵本でした。

みんなのお父さん、お母さんや、おじいちゃん、おばあちゃんは、みんなが生まれてくる前から「この子はどんな風に大きくなるのかな?」「どんな子になるのかな?」という事を楽しみにしていたんだよ♪というお話をしています。絵本後に1月生まれのさくら組さん、ひまわり組さんのお友だちに「大きくなったらどんなお仕事がしてみたいですか?」というインタビューを行いました。「サッカー選手になりたい!」「お花屋さんになりたい!」等、目をキラキラさせながら将来の夢について話をしてくれましたよ

 みんなのお家の人も、先生たちもみんなの夢を応援しているよ!というメッセージを最後に伝えました。これからも目標を持って大きくなっていって欲しいと思います!!

 

保護者の皆様方、お忙しい中誕生会に参加して頂き、ありがとうございました♪

 

1月生まれのお友だちお誕生日おめでとう!

笑顔溢れる素敵な1年になりますように♡

                                     文責:竹村

報恩講~ありがとう~

2021-01-21

1月13日(水)に桜保育所にて報恩講を行いました。

報恩講とは、親鸞様がお亡くなりになられた日で、命を頂いている事、

沢山の人に支えられて生きている事を教えて下さった親鸞様に感謝をする大切な日。

様々な行事の中でも桜保育所で大切にしている行事の1つです。

 今年度は牛から頂いている様々なものを題材に子ども達に話をしました。

牛から頂いている身の回りにある食べ物は、お肉・牛乳・チーズ・ヨーグルト・生クリーム…。

また、牛の皮からは、太鼓・ランドセル・グローブ…。

牛や他の生き物たちの命を頂いて、毎日食事をしているという事。

また、生活の中のものにも命がある事を伝えました。

さらには、みんなが食べられる様に、使える様にお仕事をしている人がいる事も伝えました。

だからこそ、命を頂いている食べ物を残さず食べて、

使っている物を大切に扱って楽しんで大きくなって欲しいなと思います。

桜保育所のお友達には、いろんな“もの”いろんな“人”に感謝の気持ち・ありがとうの気持ちを持ってすくすく大きくなってくれればと思います。

この日のお話やクラスでの活動を心の根っこに、これから成長していく中でいつか思い出し、

実感してくれる事を願っています。

また、これから更に様々な事を体験し気づきを得て成長して欲しいなと思います。


文責:倉吉

12月誕生会 おめでとう!大きくな~れ♬

2020-12-28

12月22日、12月生まれの子どもたちのお誕生会を行いました。

 

お参りの後、12月生まれの子どもたちが少し緊張した面持ちで

みんなの前に出て、お名前といくつになったのかを発表しました。

それを見ているみんなもなんだかニコニコ♪

お祝いの歌も明るく元気よく歌ってくれました。

 

先生たちからのプレゼントは2つ。

1つ目は 絵本「歯がぬけた」のプロジェクター。

クスクスと笑える場面があったり、歯にまつわる迷信の紹介があったり

子どもたちは興味関心を持って観ていたようでした。

歯が抜けることは怖いことではなく、成長の証なんだと

伝わったと思います。

 

2つ目は「ぞうさんとねずみさん」のパネルシアター。

ぞうさんの物は何でも大きくて、ねずみさんの物は何でも小さく

一見、違いばかりが目立つんですが

2人はとても仲良し、というお話でした。

お話の後、「大きい と 小さい」に関連して

対義語を考えるクイズを出すと

みんな一生懸命に考えていました。

最後に「長い と 短い」を対比するために

とても とても長い太めの毛糸を登場させると

「わぁぁぁぁぁ!!」と歓声が上がりました。

 

お忙しい中、ご出席いただいた保護者のみなさま

ありがとうございました。

 

12月生まれのみなさん、本当に おめでとう♪

これからも すくすくと大きくなってね!

 

(文責:藏原)

TOPへ戻る