福岡県筑後市 社会福祉法人九州大谷福祉会 桜保育所です。入所支援、子育て支援をおこなっています。

 

今子どもたちは

 

今子どもたちは

今子どもたちは
フォーム
 
7月誕生会
2017-08-28
 
お誕生日おめでとう☆
2017-08-28
7月25日(火) 7月生まれの誕生日会を行いました。今月の出し物は、「ハッピーバースディ」というパネルシアターです。色々な動物が卵やお母さんのお腹の中から生まれて、みんなでお祝いするというお話でした。今回はパネルシアターという事で動きもあり、子ども達も楽しみながら聞いてくれましたよ!!みんなもお母さんのお腹の中から産まれ、お家の方や周りの方に大切に育ててもらっているという事を忘れずに大きくなって欲しいと思います。その後、「どんな野菜が出来るかな?」の食育シアターも行いました。トマト、キュウリ、ピーマンの大きくなっていく様子をクイズ形式でお話しましたよ。まだまだ暑い夏、元気に過ごせるように沢山野菜を食べて、大きくなって欲しいと思います。お家でも子ども達が生まれた時のお話をされてみて下さいね!!
7月生まれのお友達、お誕生日おめでとう♪
素敵な1年になりますように・・・☆
                                 文責:髙山
 
 
☆夏祭り~夏の思い出~☆
2017-08-05

 7月15日(土)は、暑い中夏祭りにたくさんお越し頂きありがとうございました。

当日は、子ども達の願いが天まで届き、見事に晴れてくれましたね(*´▽`*)

祭りらしい浴衣や甚平など着て来てくれたお友達もいました。

金魚すくい、ヨーヨー釣りやガラガラ抽せん会など楽しんでくれた子ども達♪

アメリカンドックもおいしくて、とても好評でしたよ(*^-^*)

ステージでのくじ引き大会や赤坂太鼓さんによる

太鼓演奏など、とても盛り上がりました。

夏祭りを無事に行うことができたのも、幹事さんを始め、

保護者の皆様のご協力があったからだと思います。

本当に、楽しい夏祭りをありがとうございました。

また一つ、夏の思い出が増えましたね(*´▽`*)♪

 

                 文責:馬場

 
花まつり
2017-07-11

 6月28日(水)に花まつりがありました。花まつりとはお釈迦様がお生まれになった事をお祝いする行事で、命の大切さと人として生まれてきたことの意味を考える機会にしています。

初めにお釈迦様へのプレゼントとして、クラスごとに作った綺麗なお花を、各クラスから2人が代表で出て捧げてくれました。代表の子ども達は緊張した様子でしたが、上手に捧げてくれていましたよ。次に「こどものはなまつり」の歌のプレゼントし、どこのクラスもとても綺麗な声で歌うことが出来ました。

 

 そして、九州大谷短期大学の仏教学科の学生さんにお釈迦様についての飛び出す絵本の読み聞かせをして頂きました。子ども達は飛び出す絵本の仕掛けや、お兄さん、お姉さん達のおもしろいお話に大喜びでにこにこでした。

 

 次に「エジソン」についてのお話をしました。まず部屋の電気を消して電球や、LEDライトをつけ「電気のある生活が今出来るのは、エジソンが頑張って電気を発明したからだよ」という事を伝えたり、皆がいつも音楽を聴いているオーディオは昔はこんな形でエジソンが作ったんだよと蓄音機の写真を見せました。写真を見て子ども達は「なにこれ!」と驚いた表情をしていましたよ。エジソンはお母さんと一緒にたくさん勉強したり、毎日いろんな物が気になって調べてみたり、一生懸命働いたりととても頑張って、電気や蓄音機や映画を作り出し、世界中の人々に喜ばれました。

 私たちは、こどもたちがエジソンのように諦めずに努力をして色々な事に挑戦し、自分の夢を見つけ、それに向かって頑張り、みんなの役に立つような仕事ができる人になってほしいと願っています。そのために、自分たちを支えてくれている人たちに感謝の気持ちを持ち、自分の命を大切にして、大きくなっていってほしいと願っています。

 

 この後、こどもたちは、クラスに戻り、各クラスの花まつりの活動をしています。

さくら組は、保護者からの「ありがとうメッセージ」を読んでいます。子ども達は大切に育ててもらっていることを知り改めて感謝していました。

ひまわり組は、お友達から言われて嬉しい言葉、嫌な言葉についてみんなで出し合い、「ありがとう」「ごめんなさい」という言葉を大事にしようとお話をし、『ありがとうともだち』という本を見ました。子どもたちは「ありがとう」と隣の友だちに笑顔で伝えていました。

すみれ組は、みんなで『あり』を探し、ありのような小さな命もあることを知り、ありたちがみんなで力を合わせて生きているように、自分たちも周りのお友達の為に出来る事は何かを考えていました。みんな真剣にありを観察していましたよ。

たんぽぽ組はかたつむりを、すずらん組はカエルやバッタなどの虫を子ども達に見せ、動いているから生きている、動いていない虫は死んでいるいうことを感じてもらい、命の大切さを伝え、最後はみんなで外に返しに行くという活動を行いました。子ども達は興味津々に虫を見ていました。

 

 花まつりを通して、夢を持つ大切さや、諦めない気持ち、感謝の気持ち、命の尊さを子どもたちなりに考えることができました。

                                                                                               文責 竹村

 
6月誕生会
2017-06-17
 
6月誕生会
2017-06-17
 
一人ひとりが大切な存在!
2017-06-17
6月13日(火)には6月生まれの誕生会がありました。
小さいお友達もお兄ちゃん・お姉ちゃん達も
上手にお名前と年齢を発表してくれましたよ♪
 
今回の絵本は『ほくだけのこと』。
えくぼが出来たり、逆立ちが出来たりなど、この絵本にでてくる
男の子だけのことがたくさん出てきました。
世界中にはたくさんのいろんな人がいて、たとえ顔がそっくりでも、
一人ひとり違う所がたくさんあります。
みんなそれぞれ違うけど、それぞれにいいところ、
素敵なところがたくさんあって、一人ひとりがとっても大切な存在です。
自分だけの素敵なところがたくさん増えるように、
これからも、苦手な事にもどんどん挑戦して頑張っていって
ほしいなと思います。
  
また、今回はマットや鉄棒、跳び箱にも挑戦しました。
披露したのはなんと先生達。
逆立ちや連続逆上がり、跳び箱8段など、披露するたびに
「おぉぉぉ!!!」とみんな夢中で見てくれていましたよ。
運動会でも頑張ってくれた子ども達。
これからも、諦めない気持ち、頑張る気持ちを持って、
苦手なことにも一生懸命挑戦し頑張ってくれたら嬉しいです。
 
6月生まれのお友達、誕生日おめでとう♡
 
                 文責 木下
 
☆運動会~世界で1番輝いた子ども達へ~☆
2017-06-08
 
運動会
2017-06-08
 
運動会
2017-06-08
 

ご入園おめでとうございます。

ご入園おめでとうございます。
 
心を一つに頑張ります。
子どもたちのいのちが輝く保育園を求めて
       園長 加藤 杜昂
ご入園児の保護者の皆様、ご入園おめでとうございます。私たちの桜保育所をご一緒にお子さんを育てていくパートナーして選んでいただき誠にありがとうございます。ご進級児の保護者の皆様、ご進級おめでとうございます。本年度もまたご一緒にお子さんを育てていく機会をいただきありがとうございます。一年間ご迷惑をおかけ致しましたが、新しい園舎が完成しました。これを機に職員一同心を一つに、今まで以上に子どもたちの命が輝く保育所を目指していきたいと願っております。何卒、温かいご支援を宜しくお願い申し上げます。
     
       桜保育所がたいせつにしたいこと
 
★自分の生命・いのちの尊さに気づくこと★
 子どもは、お母さんの胎内で人間になり赤ちゃんとして生まれますが、子どもの誕生の過程や順序は、決して私たちの自由にはなりません。子どもたちは生命(いのち)と呼ばれるものの働きに従って生まれてきます。子どもたちが生まれてくることには三つの大きな意味があります。第一に、子どもたちの生命は世代をつなぐ大きな生命の流れの中で家族を通して子どもたちにあたえられたということ。第二に、子どもたちの生命は決して取り換えられるものではなく一人一人「代わりがない」ということ。第三に、子どもたちは生命を与えられることによって人間として一人一人「自分の生まれた意味」を見つけ「自分だけの人生」を生きるということ。
この「生命の事実」に気づいたとき、子どもたちは、子どもたちなりに自分の生命の尊さを感じとって「しっかりと仲間の中で自分を生き抜いていく力」を育んでくれると確信しています。
 
自分の生まれた意味に気づく・子どもの生まれがいを実現していくこと★
子どもたちは、自分の仕事を見つけ、家庭をもち、社会に責任をもつことのできる大人へと成長していかなければなりません。私たちは、子どもたちが、大人の姿を見ながら「自分の夢」(自分の生まれがい)を探し、それを実現しようと逞しく生きていく力を育てていきたいと考えています。子どもがいなければ社会も国も存続しません。私たちは、子どもを育てることを通して次の世代を育て社会をつないでいく責任を負っているのです。だからこそ、子どもを育てることは、すべての大人の責任なのです。私たちはこの生命の事実と子どもたちを育てることの意味をみつめながら、保護者の皆さまとともに子どもたちをしっかり育てていきたいと考えています。お子さんたちが本当に自分の生まれてきた事を喜び、育ててくれたご両親に感謝し、自分の生まれた意味を実現できるように、ご一緒にお子さんたちの成長を支え見守っていきましょう。
<<社会福祉法人九州大谷福祉会 桜保育所>> 〒833-0054 福岡県筑後市蔵数500-12 TEL:0942-52-5093 FAX:0942-52-5176